今の社会には様々な仕事の代行業がある

変更される

自治体による現在の取り組みとは

粗大ゴミは日常的に出すゴミではない場合には、いざ出すとなるとどのように手続きをしなければならないのかわからないものです。 自治体がそのような状況をそのままにしていると、誤ったゴミ処理や不法投棄といった問題につながってしまいます。 そこで各自治体においてはインターネット上で情報を公開しています。そもそもどのようなものが粗大ゴミとなるのかに始まり、どのように手続きをすればよいのか詳細に説明しています。また、回収依頼をインターネットで予約できるサービスを用意しているところもあります。

粗大ゴミ回収の利用方法

粗大ゴミ回収サービスを利用する方法としては、まずは出そうとしているものが粗大ゴミとして適切なのかを自治体のホームページなどで確認します。判断がつかない場合は回収担当の部署に問い合わせると正確な情報がわかります。 次に有料の粗大ゴミ処理券を入手する必要があり、コンビニエンスストアや商店などで購入します。どこで購入できるかも自治体のホームページに情報があります。 粗大ゴミに、品目に応じて必要な処理券を貼り付けます。名前を記入する必要がありますので、忘れないようにしましょう。 粗大ゴミ回収の担当部署へネット上もしくは電話で連絡して、回収を依頼します。回収日が決まりますので、それまでに住居の指定された場所に粗大ゴミを置いておきます。